「そうだ選挙に行こう」の記事一覧


白須賀貴樹氏が自民党離党で議員辞職せず次回不出馬で選挙区は!?

そうだ選挙に行こう

白須賀議員が行った高級ラウンジxってどこなんだ!! 白須賀貴樹衆議院議員の緊急事態宣言下の最中に会員制高級ラウンジに行ったというニュースについては、なぜ繰り返されるのだろう!?と疑問に思いますが、それよりも自民党を離党して終わりなのか!?また議員辞職せず次期衆院選に出馬しないとすると、白須賀貴樹衆議院議員の選挙区である千葉13区の次の候補者の活動に影響があると思うが、その点はどうか!? 白須賀貴樹衆議院議員が離党などのリスクを承知で訪れた港区の会員制高級ラウンジってどこなの!?くらいでしょうか…… 白須賀貴樹議員を初めて知ったのは、現在IR汚職事件並びに証人買収事件に絡み東京拘置所に収監中の秋元司衆議院議員がまだ逮捕される前でした。IR汚職事件に絡み注目される5人の国会議員の一人として名前が挙がっていたころですね。そういったことも含めて考えると白須賀議員は次回の衆院選にはもともと不出馬の意向だったのかとも考えてしまいますが、それは考えすぎでしょうね。

【総選挙2021】福岡5区は原田義昭VS栗原渉で分裂必至か!?

そうだ選挙に行こう

自民党公認は原田義昭氏で栗原渉氏が無所属でも出馬するかが注目のポイント。 2021年中には必ず行われる衆議院議員選挙。九州地方も注目の選挙区が多くありますが、その中でも特に興味深いのが衆院福岡5区の動向です。全国的な注目度ではどうかと思いますが、九州福岡の中ではおそらく1番の注目を集めるのではないかと予想しています。 衆院福岡5区の現職は前環境相の原田義昭衆議院議員。世代交代の象徴として出馬に意欲をみせるのが元県議会議長経験者の栗原渉氏。そして野党の候補者調整が一本化でまとまれば立憲民主党は福岡5区の支部長を務める若子直也氏という構図。 過去の福岡5区の衆院選投票結果を見るといずれもほぼ現職の原田義昭議員が半数以上の得票数で選挙区を制していますが、分裂となると結果はどう転ぶかわかりません。それぞれの候補予定者の情勢について調べてみます。

【総選挙2021】林芳正参議院議員の衆院鞍替えで分裂必至!?

そうだ選挙に行こう

林芳正参議院議員はたとえ無所属でも衆院選に出馬する!? 林芳正参議院議員といえば、山口選挙区を地盤とする自民党の参議院議員ですが、この方の経歴がすごいんです!!参議院議員なのですが、防衛大臣をはじめ農林水産大臣に文部科学大臣を歴任してこられているというのがその理由。しかもと言っては失礼かもしれませんが、衆議院議員ではなく参議院議員なんですね。 もちろん参議院議員も大臣に就任する方は多くいますが、林芳正参議院議員ほど各大臣の重責を担ってこられた方は他に私の勉強不足かもしれませんが現役の議員さんでは知りません。そんな林芳正参議院議員は現在の参議院議員を辞し衆議院議員へ鞍替えを行うのか、山口3区の現職・河村建夫衆議院議員との自民党候補者同士の熾烈な分裂選挙に臨んでいくのか!?今回はそこのところを予想していきたいと思います。

【衆院選2021】衆議院の解散はいつ!?菅おろしで退陣の可能性はないのか……

そうだ選挙に行こう

菅義偉内閣総理大臣は2021衆院選の顔になり得るか!? 令和3年(2021年)通常国会が始まり、与野党の論戦が始まっている中でどうしても衆議院の任期が近づくにつれ解散がいつになるのかが最大の関心ごとであることに間違いはないはず。 衆議院の解散権は内閣総理大臣の専権事項(日本国憲法7条3号)であり、故に伝家の宝刀とも呼ばれてきた。国の最高権力者になったからにはこの解散権をちらつかせながら政権運営を行い政策を実現するというプロセスが存在すると解する。これが権力の源泉であり野党だけでなく党内の反対分子をけん制する効果も期待できたはずなのだけど、その背景には国民の広い支持が必要である。 このようなことを考えると、今は2021年の衆議院解散はいつなのかという時期についてとともに本当にこのまま菅総理のもとで総選挙が行われるのか!?という疑問が出てくるのは私だけだろうか!?党内の別の勢力による菅下ろしなるものが起こらないのかとも考えてしまう。

【衆院選2021】山口4区の投票率が一番気になる!!選挙区は!?

そうだ選挙に行こう

山口4区と検索すると恥と出てくる…… 2021年の衆議院議員選挙、いわゆる解散総選挙は与党と野党との政治決戦よりも個人的には山口県の選挙がひじょうに興味深い!!山口県には4つの小選挙区があるが、その中で特に今回の山口4区ともう一つ、おとなりの山口3区。この2つの選挙区は必ず次の衆議院解散前後には大きく注目を集めると予想します。 なんといっても保守王国、旧中選挙区時代には現在の山区4区とおとなりの山口3区で旧山口1区を構成していました。定数は4で3議席を自民党が毎回獲得し、残りの1議席を当時の社会党か他の野党候補で占める構図がずっと続いていました。 そんな伝統の山口4区にあって、今ネットで山口4区と検索すると同時に恥という文字が出てくるんですね……まぁ同じ文字で検索している人が多いために、検索候補として文字が出てきているということなんですが、今まではおそらく想像も難しかったことではないかなって思います。なぜ恥などという文字が現われるのか含め考察して参りまっす!!

【衆院選2021】小選挙区での当選と落選の予想と情勢は!?

そうだ選挙に行こう

2021年は衆議院選挙の年。 衆議院議員の4年の任期も最終年を迎え間違いなく2021年の秋までには衆議院議員の解散総選挙が実施されることになる。前回2017年の第48回衆議院解散総選挙から本年まで様々な政治的問題がありました。 これまでの総選挙では特に自民党や公明党が強かったというよりも野党がバラバラで敵失のようなかたちで与党が勝利してきたのではないかと思います。選挙にもしもはないのですが、それでも野党が協力し候補者の一本化ができていれば試算によると全国の小選挙区で実に64の選挙区で与党の候補と野党の候補が逆転していたという興味深い新聞記事が前回の選挙の後でありました。 前回の総選挙の結果と現在の情勢を踏まえ、2021年の総選挙の当落予想と展望について記したいと思います。

ページの先頭へ